Apemanさんの記事で知りました。
TBSクイズ番組の件
TBSのお笑い系クイズ番組で戊辰戦争時の会津若松城開城の理由が「糞尿たまり開城」が正解としてでたそうだ。わたしはテレビを見ないのでこの番組も未見だが、asahi.comのニュースによると会津若松市は放送前にこの内容を知り、再三抗議をしたが聞き入れられなかったとのこと。

会津若松市、TBSに抗議 戊辰戦争「糞尿たまり開城」(asahi.com)
2008年03月28日20時20分
 問題としているのは、2月16日夜に放送された「歴史王グランプリ2008まさか!の日本史雑学クイズ100連発!」。この中で、戊辰戦争の際に旧幕府側が会津若松城を明け渡した理由を問うクイズの正解が「糞尿(ふんにょう)がたまり、その不衛生さから」と紹介された。

 市によると、放送前に内容を知り、再三見直しを要求したが聞き入れられなかった。放送直後からは「抗議すべきだ」とのメールが市民から殺到。市議会からも毅然(きぜん)とした対応を求める声が出たという。

 市側は抗議文で「開城は、同盟諸藩の降伏で他藩の応援の望みが絶たれたことや、籠城(ろうじょう)による物資の枯渇など様々な要因が重なったためだ」と番組の正解を批判。同日記者会見した菅家一郎市長も「義を貫く会津武士道に生きた先人と若松城を郷土の誇りとしてきた、すべての会津人の心情を踏みにじるものだ」と怒りをあらわにした。

わたしは日本史は詳しくないし、幕末明治維新頃はほとんど新撰組ネタのマンガぐらいの知識しかない。しかし篭城してた城が開城する理由が「糞尿たまり」だけでないことくらいは、ちょっと考えればわかる。100年以上前の戦争中の衛生状態が劣悪なのは当然だし、物資の不足、他からの援助が絶望的なったこと、増えていく死者、などなど、いろんな要因が集まって、開城という決断になったんだろう。そうゆう極限状態で決断し、死んでいった人たちがいて、今もその子孫がたくさんいるのに、この番組のクイズと答えでとリビア的笑いを取るという構成はあまりに無神経と思う。

最近本屋の歴史コーナーに行くとこの手の歴史トリビアを集めたような本が目に付く。「恐怖の●●史」とか「本当は笑える●●史」なたいなタイトルの本たち。いくつか手にとってぱらぱらと、自分がある程度詳しい部分(イギリス史とかね)を読んでみるのだが、毎回あまりにも記述が「点」であることにうんざりするのだ。つまりそれ自体は「こわい話」だったり「笑える話」だったりするのだが、そこに至る過程「どうしてそんなおかしな/こわい自体になったのか」といった記述がほとんどない。わたしが知っているわずかなネタについてがこの調子なのだから、他の知らないネタについても、記述スタイルは同じだろう。

問題のTBSの番組サイトにはこうあります。
 お堅いばかりが「歴史」じゃない!歴史好きじゃなくても笑えて、思わず驚く、珍エピソードが盛りだくさん!小学校でも、中学校でも、塾でも教えてくれない興味津々の「歴史雑学」!歴史と聞くと思わず、苦手だと言う人も、この番組を見たら明日から歴史好きに!!


「お堅いばかりが「歴史」じゃない!」というのは賛成だし、歴史には笑えるエピソードもたくさんあるのもたしかだ。しかしこうゆう番組ではたして「歴史好き」になるんだろうか?
「歴史トリビア好き」にはなるかもしれないが、それでは酒の席の薀蓄語り屋になるだけである。

断片化した「点」の知識は、他の知識とリンクせず体系化していない。そんなトリビア的知識の寄せ集めは、記憶術の訓練にはなるかもしれないが、物を考えるときにはほとんど役に立たないか、間違った結論を出すかだろう。
歴史をトリビアの断片にすることは一見歴史の普及に役に立っているようで、実際は物事を関連付けて考えること放棄し、歴史とこの世界を蝕むように感じる。
この考えない、想像できない、という図は歴史修正主義やニセ科学信望者の「答えだけ知りたがる」という態度に通じている。

■追記
検索したら会津若松市長さんのブログに抗議文がアップされてあるのを見つけたでリンクします。
【 TBSテレビ番組への抗議 】
抗議文の画像とワード文書があります。

  • 2017.12.18 Monday
  • -
  • 10:21
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
幕末ファンのわたし参上。
いや…その番組のことは知りませんでした。
こういうトリビア、雑学が悪いとは言いませんが、テレビの影響力はものすごく大きいので、こんなふうに簡単に単純に答を出されるのは困るな…
最近の世の中が、とにかく何でも答を決めたがる風潮だから尚のこと。
書籍でも、何分でわかる歴史とかそういうタイトル見るとうんざりしますよ。

糞尿というのを笑い事にできるのは、いま平和な世の中しか知らないからなんだろうな…とも思いました。(ほんとはそれだって笑い事ではないですよ。そしてそれは平和な世の中に生きていて実際にそれを知らなくても想像することはできるはずです。)
だからそれを「たったひとつの答」として視聴者に送ることに何の疑問も持たないのではと。
しかし事前に抗議があったにも関わらず(しかもたった100数十年前のことで、会津といえば「この前の戦争というのは第二次世界大戦ではなく、戊辰戦争のことをいう」ってくらいなのに)そのまま流すなんて…

テレビ業界に関しては特にワイドショー関係があまりにひどく(内容もですけど出演者の口調がいつも断定的で魔女狩りになってしまっているので)見るに耐えない(家族が見てますが…)のですが、総じて感じることは(どんなジャンルでもですが)迎合している…っていうことですね。でも大衆に迎合しているように見えて実際はそういう大衆を作っているのもテレビなんだよなあ…とテレビ大好きな家族を見てると思います…
(なんだかエントリのテーマからはずれたことまで書いてしまってすみません)
  • まりの
  • 2008/04/02 07:02
番組観ていないのに「笑い事」って決め付けたのはまずかったかな…
しかし何時間の番組か知りませんが100連発ってことは100の問題と答があったってことで、じゃあ笑い事ではなくても軽い扱いには違いありませんよね;
  • まりの
  • 2008/04/02 07:06
まりのさんこんにちは〜。
お待ちしておりました^^

わたしもトリビア的な雑学はおもしろいし好きですが、単純化の弊害ってのは大きいです。テレビという媒体、とくにバラエティ番組は、やはり長々とした説明は苦手なので、どうしても枝葉を落とさざるを得ないのですが、過度の単純化は二分法的思考をまねきますからね。影響の大きいテレビ局にはもう少し考えて欲しいものです。

>書籍でも、何分でわかる歴史とかそういうタイトル見るとうんざりしますよ。

あああ〜、すごくわかりますぅぅぅ。最近ありますねorz
タイトルだけで「けっ!」と思います。こんな本一冊でわかったら誰も苦労しないわ〜〜!
専門知識の軽視というのも最近感じてることです。
専門家が何年も議論して「ここまではほぼ確実」「ここはまだ議論中」「ここからはまだわからない」みたいな物事に対してまでも、AかBかはっきりしろとせまったり、「断定する」だけ(間違っていることも多々あり)で専門家がわからなかったことも、わかった気になってしかも専門家より上、という自尊心を満足させるような手口。こうゆうのを知的に不誠実というはずなのに、なぜかもてはやされるんだよな…。

>会津といえば「この前の戦争というのは第二次世界大戦ではなく、戊辰戦争のことをいう」

そうみたいですね。
戊辰戦争は負けたことよりその後、死者の埋葬も禁じられて野ざらしにさせられたことが、より大きなしこりになってるそうですね。わたしもこうゆう話は最近知ったのですが、知らなかったことと日本が単一国家だったというのがいかに幻想なのかに思い至り、なかなか衝撃でした。
近代化の中で切り捨てられ、国民の歴史になれなかった地方の歴史、少数者の歴史といったものを、そろそろもっと注目して取り上げる頃合だと思うのですが、なんでかこの国は相変わらずメインストリームの歴史だけが正統で、そこからはみ出した人たちは「なかったこと」にする風潮がはびこっていて、いやだなーと。沖縄の集団自決問題とかでも、すごくそう感じました。

>糞尿というのを笑い事にできるのは、いま平和な世の中しか知らないからなんだろうな…とも思いました。

同意です。
でも今も戦争してる場所はあってニュースにもなってるし、考えれば悲惨な状況が想像つくと思うんですよ。でもそこで考えない、考えること想像することに思い至らないというのが問題と思います。テレビ番組のテンポは速いから視聴者がそのときに思いつかないのは、あるかなと思う。でも制作者側は事前にディスカッションして問題作って構成を考えて、しかも会津若松氏からの抗議もきてたのに、そのまま放送しちゃった。こうなると受ければ何でもいいと思ってたのか、といわれても仕方ないと思います。

今回TBSは謝罪はしましたが訂正番組などはしないと言う解答。放送から一月以上後の謝罪だし、今誤るならなぜ放送前にどうにか出来なかったのか、この辺がテレビ業界の構造的な問題(制作時間が少ないとか視聴率命とか、いろいろ)と思います。
  • みん
  • 2008/04/02 13:53
青葉繁です
ブログへのT・Bありがとうございます
私は東北在住ということもあり、少々被害者意識みたいな歴史観を持っているのかも知れませんが、東北の地が古代から差別の上に成り立っており、ヤマトの朝廷によって作られた歴史が日本の正式歴史であるという考え方に疑問をもっております。典型的な例はサントリ−の社長であった佐治某の東北(仙台)熊襲発言。これによって、東北の夜の店からは一斉にサントリ−商品は消え、テレビCMもすべて打ち切られました。真偽のほどはさだかでありませんが、今日現在Kスタでサントリ−ビ−ルが売られていないのは、東北人が根っからサントリ−を許していないからだそうです。
同様に薩長(特に長州)が見当違いもはだはだしく東北の一地方を見せしめとして歴史上頬無理去ろうとして蛮行は会津だけの問題ではなく、東北全体も屈辱としてとらえられるべき問題だとおもいます。
これらの偏見は古くはヤマト朝廷の中国への忠誠(制度の模倣)として蝦夷(えみし)という未開人種を形成するという人種差別から発しているといえます。
以降東北の地を征服する総大将を征夷大将軍として坂上田村麻呂を経て源頼義・義家親子による奥州侵略と源頼朝による復讐の総仕上げへと進んでいったのです。
戊辰戦争とはそのような東北侵略の最後の出来事であったわけで、そんな歴史背景を知れば糞尿を答えとして笑いものにする人間に怒りを覚える理由は明白なわけです。
>青葉繁さん
コメントありがとうございます。

サントリー社長の「東北熊襲」発言、ありましたね。当時のことはおぼろにしか覚えていなかったので今ググって見たら、未だに尾を引いてる問題なんですね。
あと、そもそも熊襲って東北じゃないじゃん。たぶん熊襲も蝦夷も中央(自分の属してる集団)以外、という意味で区別ついてなかったんだろうな〜。自分が常にマジョリティにいるという自信がいわせたんだと思うのですが、その自信がどこから来るのか?
やはり歴史を歴史をむりやりメインストリーム一本に統合した明治維新の頃のやり方はもう無理が来てると感じるのです。当時は列強の征服から身を守るため、日本列島中の住民を日本国の旗に統一する(内輪揉めしてたら個別撃破される)必要があった、という理屈はわかりますが、今はもうそこまでする必要はないでしょう。どこかの県が独立闘争開始するわけでもなし(笑)
むしろ過剰に地方の歴史を棄却する行為こそが、国内の分断を招くと考えます。

>ヤマトの朝廷によって作られた歴史が日本の正式歴史であるという考え方

そもそも正史ってなんだろう、って思うのです。
歴史の糸は人の数だけたくさんあって、それを誰かが「正史」として記述を纏めるわけで、それならば編者の視点が入りバイアスがかかることはさけられないです。そこからこぼれた地方や個人の歴史や記憶は決してなくなることはない。
わたしは「歴史学」ってもっと地方色豊かな物で良いのではないかと思っています。自分たちの地方の歴史を尊重し、相手の地方の歴史も尊重する、そうやって多様性を作っていければ、もっと住みやすくなるかなぁと思うのです。
  • みん
  • 2008/04/06 15:56
会津に住む私にとって戊辰戦争というものは特別なものがあります。その地に伝わる歴史に対して何か感情を抱かないというのは嘘だと思います。今回の件はなんだか会津という地域をバカにされた感じがするのは、被害妄想なのでしょうか?TBSの件は歴史の真実がどうであったとか、そんなエピソードがあったとかそんなことより、なんだか自分たちの先祖がバカにされた感じがして許せません。
今回の件のことを検索していたら
http://fugusuma.blog31.fc2.com
のようなブログも見つけました。
そんなに会津の人っておかしく見えるのでしょうか。
  • KOU
  • 2008/04/06 23:58
そんなこともあったのかなー。目くじらたてて抗議することもなかろう。野口英世先生がいるではないですか。歴史を勝手に美化してはいけません。小説の中でのことです。
お笑いの番組です。市長さんまで出てくるとは滑稽。
  • クッキー
  • 2008/04/07 07:33
>KOUさん
いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

会津にお住まいなんですね。
>なんだか自分たちの先祖がバカにされた感じがして許せません。
これは自然な感情だと思います。

わたしは千葉出身なのですが、中央というか政府とのかかわりといえば、成田闘争があって、やっぱり特別な思いがあります。論を張れるほどの知識はないけど、成田の農民や支援者達の行動を揶揄されたらむっとしますし、その他千葉という土地がこうむった負の物語がばばばーと脳裏を駆け巡ります(笑)

関係ない人から見ると、たしかに被害妄想にみえることもあるでしょう。でもその人もその土地なりの被害の歴史を持っているわけで、だからこそ他者の被害の歴史を切って捨てるような行為は慎まねばならないと思うのです。
むしろ関係ない人には、何故自分には「被害妄想にみえる」のかを、考えて欲しい。

わたしはその理由の一番大きなことは「被害の回復」「尊厳の回復」といった行為が事件後もずっとなおざりにされてきた結果と考えています。100年前には政治やら軍事やら経済の都合で、なおざりにしても他を優先するという選択をせざるを得なかったのかもしれない(本当のところは知識不足でよく知りませんが)。でも今はもうそんな時代でないのだから、そろそろ切り捨ててきた中央以外の歴史に光を当てて、なかったことにされた地方の尊厳の回復をはかろうと言いたい。

ただ、現在が100年前以上に、中央依存というか、過剰に「正統な日本国」に自己投影しそれ以外の歴史や認識を棄却したがる人が増えているように感じて、住みにくいなって行きそうでいやだなぁと思っています。

ご紹介のブログをみてみましたが、正直レベルが低すぎて論考に値しないです。ブログの説明文
>日本にも支那や朝鮮のような「恨の文化」が浸透してる地域がある!それは福島県だ!
だけで著者のレイシズムが顕著で、それを恥じる様子もないことから著者の品性もわかろうというもの。
KOUさんには不愉快でしょうが、世の中一定数こうゆうヘイトスピーチを垂れ流すやからがいるのは仕方がないことなので、あまり気にしないことをおすすめします。
  • みん
  • 2008/04/07 13:56
>クッキーさん
いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

野口英世と今回の件との関連がわからないのですが??

>歴史を勝手に美化してはいけません。小説の中でのことです。

わたしは戊辰戦争を画いた小説も読んだことないので、わからないのですが、なにやら勝手(?)に美化した作品があるのでしょうか? 小説はフィクションですから、誇張とか美化とか、現実(何を持って現実とするかはともかく)とは違ったことを書くのは当然と思いますが。

またクッキーさんのおっしゃる「歴史」とはなんでしょう?
このエントリーやコメント蘭で、わたしが書いていることは「歴史は一つではない」ということです。いわゆる「正史」に対して会津の人たちは自分達の歴史を持っており、それはどっちが間違っているというように白黒つける問題ではないのです。今回の件は他者の歴史を尊重しつつ番組を作ることは可能だったと考えます。

「お笑い番組だからかまわない」という論にわたしは賛成できません。
理由はエントリーにも書いた「知識のトリビア化の弊害」のほかにも、テレビの影響力があります。世の中なんだかんだいってバカにしながらも多くの人がテレビをみていて、しかもかなりの人が信用しているらしい、ということを「あるある」の納豆騒動の時に感じました。
今回の番組は土曜の夜7時からというゴールデンタイムの放送です。タイムシフト視聴が進んでいるとはいえ、家族揃ってテレビを見る率が高い時間帯といえます。そこで、そもそもが白黒つけられない問題にはっきりした「答えだけ」をだして正解とする、という構成は、「答えだけ」を知りたがる風潮に拍車をかけ、歴史修正主義やニセ科学に惑わされる人たちを増やす結果になると強く思うのです。

テレビだけがこの風潮をあおっているわけではないですが、とりあえず影響力の大きい媒体にはもう少し長考して欲しいものです。
  • みん
  • 2008/04/07 14:42
コメントありがとうございます。
TBSの件以来、変なブログにまで行き着いてしまって、ずっと地域の歴史観について、いろいろなことを考えてしまいました。この土地に普通に生活しているだけなのに、なぜそんな気分にならなければならないのだろうと。
でもみんさんのコメントを頂いてなんだかすっきりしました。理路整然とされた文章はもちろんですが、なんだか救われた気分になってます。TBSとは直接関係のないブログのことまでコメント頂いてありがとうございます。
でも本当に嬉しいです。
  • KOU
  • 2008/04/07 23:14
>KOUさん
お返事ありがとうございます。

ネットでは過激な言い方のページには同じように過激なことを言う人が集まる傾向があるので、そうゆうところにたどり着いちゃった時は、精神衛生上よろしくないので、あまり真剣に取らないようにしています^^;
特にネットは「同質の人が集まりやすい」傾向があるので実際より大事に見えちゃうんですよね。

わたしのつたない文章で、すこしでも役に立ったなら大変嬉です。
ずっとサボってたブログですが、またつらつら書いてゆこうと思いますので、よかったら遊びに来てください^^
  • みん
  • 2008/04/08 14:22





   
この記事のトラックバックURL : http://avalonmizube.jugem.jp/trackback/220

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Recommend

水はなんにも知らないよ
水はなんにも知らないよ (JUGEMレビュー »)
左巻 健男
まだ入手してないけど、楽しそう^^タイトルだけで受けた。

Recommend

反・進化論講座―空飛ぶスパゲッティ・モンスターの福音書
反・進化論講座―空飛ぶスパゲッティ・モンスターの福音書 (JUGEMレビュー »)
ボビー ヘンダーソン
よむべしよむべし。ラーメン

Recommend

Monty Python's Spamalot [Original Broadway Cast Recording]
Monty Python's Spamalot [Original Broadway Cast Recording] (JUGEMレビュー »)
John / Idle, Eric Du Prez, Todd Ellison, Monty Python's Spamalot Pit Orchestra, David Hyde Pierce, Brad Bradley, Christian Borle, Christopher Sieber, Hank Azaria, Michael McGrath
ホリグレファン必聴&爆笑!日本にも来てくれないかなー。

Recommend

アヴァロンの霧〈1〉異教の女王
アヴァロンの霧〈1〉異教の女王 (JUGEMレビュー »)
岩原 明子, マリオン・ジマー・ブラッドリー
アーサーの姉モーゲンからみたアーサー王伝説(全4巻)。アヴァロンでの巫女達の生活に憧れる。フェミ視点のアーサー王物の傑作。

Recommend

永遠の王―アーサーの書〈上〉
永遠の王―アーサーの書〈上〉 (JUGEMレビュー »)
T.H. ホワイト, T.H. White, 森下 弓子
アーサー物小説の傑作。ぜひどうぞ。表紙画像がないのがさびしい…。

Recommend

Soul Music (Discworld S.)
Soul Music (Discworld S.) (JUGEMレビュー »)
Terry Pratchett, Tony Robinson
翻訳でたけど、訳いまいちだった…。日本版のイラストもかなりひどいTT

Recommend

Blog Hacks-プロが使うテクニック & ツール 100選
Blog Hacks-プロが使うテクニック & ツール 100選 (JUGEMレビュー »)
宮川 達彦, 伊藤 直也
amazonアフォリエイト簡単ツールamazletの作者さまの本。便利に使わせてもらってるので宣伝です(^^)

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アヴァロン―恋の〈伝説学園〉へようこそ!
    syokora
  • Twitter on Wed, Nov 23
    るらら
  • カレーにぶち込むもの
    みん
  • カレーにぶち込むもの
    チャペス
  • 歴史をトリビアの断片にすることの罪悪。
    みん
  • 歴史をトリビアの断片にすることの罪悪。
    KOU
  • 歴史をトリビアの断片にすることの罪悪。
    みん
  • 歴史をトリビアの断片にすることの罪悪。
    みん
  • 歴史をトリビアの断片にすることの罪悪。
    クッキー
  • 歴史をトリビアの断片にすることの罪悪。
    KOU

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM